加工事例 / 甲南ラボ

2023/08/07

【甲南通信#2】ゴムスポンジについて

【甲南通信#2】ゴムスポンジについて

こんにちは。甲南ラボ編集者です。

 

夏の日差しが眩しいこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

暑さによる疲れが出てくる頃です。ご無理などなさいませぬよう、お願い申し上げます。

 

前回配信「ポリエチレンフォーム」はいかがでしたでしょうか?

【甲南通信#1】ポリエチレンスポンジについて

原料・発泡の種類によって用途・性能が変わるのが

スポンジの特徴とも言えますね!

沢山種類がありすぎて、私自身もどのスポンジを提案するのがベストなのか

悩ましく思う事もございます...笑

 

今回は第2回目の配信となります。

 

「甲南ラボ通信 スポンジ材の振り返り特集(全4回特集)」

 

まずは復習としてスポンジがどのように作られているか

一緒に振り返っていきましょう。

皆様は工業用スポンジ・フォーム材が

どの様に作られているかご存知でしょうか?

実は食品のスポンジや食パンと同じ製法となります。

・工業用スポンジ…樹脂(素材)+発泡剤+α

・食パン…小麦粉+ドライイースト+α

         (発酵・膨張剤)

驚きですよね・・・

こうして出来上がりましたスポンジは

様々な用途で活躍しております。

・キッチン洗浄用のスポンジ

・断熱材としてのスポンジ

・寝具などに使用されているスポンジ

 etc…

今回ご紹介いたしますのは

「力を加えると変形し、力を取り除くとすぐに元の形に戻る」

そんな特性を持っているスポンジです。

       

         

ゴムスポンジ
  • 合成ゴム+架橋材+有機発泡剤+αを加硫しながら発泡させる事により製作する事が出来ます。

  • その種類は多く代表的な物でいえば

CR(ネオプレン・クロロプレンラバー)

EPDM(エチレン・プロピレン・ジエン・モノマー)

NR(ナチュラルラバー)

Si(シリコンラバー)

etc… 様々な種類がございます。

  • 用途:緩衝材・シール材・パッキン等に利用されています。

 

  • 反撥弾性・耐候性・気密性に優れ耐油・高温下での使用が可能なグレードもありハードな用途で活躍します。

 

     ★★おすそわけ★★

     今回特集致しました

     ゴムスポンジの特徴を

     PDFファイルにて資料化致しました。

     右記画像をクリックする事により

     ファイルDLが可能となります。

     ご興味のある方は是非資料DLお願いいたします!

 

次回の配信テーマはウレタンスポンジとなります

お楽しみに!

過去ページ

【完全保存版】3分でわかる!覚えておくべき「スポンジ」の基本【Vol.40】

      「スポンジ」といえば?   突然ですが、 皆さまが「スポン […]

【徹底攻略】誰も教えてくれない甲南お問い合わせガイド&トレンドサンプル帳ベスト5【Vol.39】

  さて、今回は皆さまよりお問い合わせいただくご質問についてまとめてみました。 ほんの一部ではござい […]

【つくってみた】サンペルカL-1400 のカラーガイドができました【Vol.38】

          サンペルカ「L-1400」について &n […]

【画期的】虫の侵入を防ぐラインテープ「Guard-Line Tape」【Vol.37】

        フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。 恐れ入 […]

【検証】スポンジの厚み・寸法公差について調べてみた【Vol.36】

そもそもスポンジがどのように作られるのかという話になってくるのですが 食パンをイメージして頂きますと、分かりや […]

 

一覧へ戻る

お問い合わせ 開く閉じる