営業部 営業課有井雄三(2004年入社)


新しい市場を開拓していく。
そして、海外へ展開して
グローバルに活躍できる会社にしていきたい。

スポンジの加工メーカーであった甲南は、現在どんどん新しい商材を取り扱って事業拡大を進めています。スポンジの加工提案が母体ではありますが、今ではそういった取り組みの中心となって様々な商材の企画提案営業をしています。

入社してから製造の現場に携わっていた頃、業務効率を上げ残業をなくして基本給をあげたいという思いから業務改革チームという部署を任せてもらいました。そういった思いは強かったのですが、当時は何をどうして業務を改善していったらいいのか、その実行がうまく行かず、1年後に営業部へ。営業になってからは、それまでより社内コミュニケーションが増え、お客様の前にも出ていくようになったので、少しつんけんしていた性格がとても丸くなりました。

スポンジの加工メーカーとしてお客様からのご相談はとても増えるようになったのですが、それだけでは大きな成長は望めません。

甲南では昔から顧客に対しても仕入れ先業者に対してもいい環境・関係性を築いていくべきだという考えがありました。その考えから、繋がりのあるお客様とお客様をマッチングしていくのはどうか?と考えたんです。そうして今ではスポンジ加工品以外の商材も多く取り入れ商社的な事業も展開しています。加工業を超えて新しい商材を取り入れ未進出の市場を開拓し、まずは国内でしっかりとシェアを上げていきたいと考えています。そして、いずれは海外にも視野を向けてどこまでやっていけるのか挑戦していくことが目標です。

お客様とは無茶を言ってもらえる関係に、
社員とは戦友のような関係に。

お客様との信頼関係を大切にするという考えは、”無茶を吸収する”という企業スローガンにも表れています。

これは、どんな無茶なことでも相談してくださいということが真意ではなく、無茶を言える関係性をお客様と築くことだと私は解釈しています。お客様とのコミュニケーションは仕事の話だけではなく、商談の合間にお昼ご飯を一緒にさせてもらったり、商談以外のたわいもない話もしたりすることも多いです。

そうやってお客様と仲良くなってくると、「これ吸収してくれます?」なんて電話が掛かってきたりしたこともありました。「無茶は無茶でも、むちゃくちゃはダメですよ!」なんて冗談を言い合えるお客様もいらっしゃいますし、そういったことを言いやすい信頼のある関係性をつくるのが営業の醍醐味だと思います。

対して、社員へのコミュニケーションは”戦友”みたいなものだと考えています。同じ会社で働いていると家族みたいに感じることもありますが、お客様に良いものを提供するためには慣れ合いがあってはいけません。

上下関係もフランクで意見を出しやすい・通しやすい職場ではありますが、加工メーカーだからこそ形状提案も素材提案も常に新しいものを提供しなければならない。試作からつくるのはしょっちゅうですし、難しい案件にも一緒にトライしていかないといけないです。

例えば、直属の部下ができたとすれば、僕は親になります。おじいちゃんやおばあちゃんは部長や先輩社員です。可愛がってもらえることもあります。ですが、私は親としてしっかりと教える役割を担い親心としての厳しさを持つべきだと思っているんです。

ルールを守れば、甲南では自由度の高い働き方があります。自分の思った通りに意見ができるし、実行もさせてもらいやすい。たわいもない話から、ついつい仕事の話に熱くなってしまう仲間もいます。私は仕事だって毎日同じことだったらつまらないと思うんです。やることをやって、やれるだけ稼いで、みんなでハッピーになりたい。手が届く幸せをみんなで叶えていきたい。そんな働き方をしていきたいです。

採用に関する質問などもお気軽にお問い合わせください!

TEL0798-35-1283
【営業時間】8:45~18:00 【休業日】日曜・祝祭日・一部の土曜日

メールでも受付中!採用情報のお問い合わせ


PAGETOP